いよいよ現実的な選択肢になってきた!太陽光発電


時代は小規模発電を目指している

日本では東日本大震災直後から空前の太陽光発電ブームが起きました。原発が一斉に稼働停止して電気供給の不安が高まった事や、政府が推進する買い取り制度の金額なら充分に事業として成り立つ状態になった事などで多くの事業者が参入したからです。こうした熱狂的な状況は現在ではかなり収まりましたが、それでも太陽光発電が現在ますます有望な電力供給の仕組みである点に変わりはありません。最も大きなポイントはここ数年は発電事業者の展開か多かったのですが、現在は太陽光パネルの価格もぐんと下がったおかげで売電よりも自家消費を考える傾向になってきた点です。自分の使う電気は自分で作るという小規模発電がこれからのトレンドと言えます。

持続可能な社会のために必要なアイテム

電気の自家消費という考え方は売電価格の低下に伴う太陽光発電施工業者の新たな売り文句という面もありますが、それよりも持続可能な社会を作る一歩になるという部分に注目すべきです。他の発電方法に比べて、太陽光発電は圧倒的にクリーンという点はこの方法を選択するのに最も大きなメリットです。更に、国土の狭い日本では個人が発電をしようと思えばこの方法しか選択肢がないという事情もあります。事業者であれば森を切り開くなど別の環境破壊問題を引き起こす事もありましたが、個人であれば既存の住宅の屋根や空き地を有効利用するわけですから、環境負荷も最小限に抑えられます。初期投資に見合うリターンが期待できるのが、太陽光発電の強みでしょう。

太陽光発電の価格は2019年では、設置するのに1キロワットあたりの相場が30.8万円です。メーカーによって価格が多少変わります。