フランチャイズを始める利点と業種の選び方


フランチャイズの利点と活用法

フランチャイズとは簡単に言えばのれん分けで、本店の看板を借りる形式で商売を開始することができます。何もない状態から商売を開始する場合はまずは知名度を上げる為に広告費などを捻出しなければなりませんし、商品開発なども行わなければなりません。フランチャイズはそれらの広告や開発は本部が全て行うため、出費を大きく抑える事が出来ます。また、商売を始めるにあたってのノウハウを手に入れることが出来ることも大きなアドバンテージです。それらの資金を必要としないことから、加盟店や加盟者はスタッフ採用や従業員の教育に専念する事ができますし、店舗の拡充などの資金を溜めることも本部が許可している場合は可能です。

自己分析をして業種を決めよう

フランチャイズには様々な業種が存在します。未経験者でも商売を始める事は可能ですが、その前に自己分析をしてみましょう。自分の性格の弱みと強み、そして業種によっては資金力が必要な場合もあることから、自分が調達できる資金はどの程度なのかなどです。接客や人に奉仕することが得意なのであれば、美容やマッサージ、クリーニングなどのサービス業などが選択肢に入ってきます。逆に自分には強い経営力と資金力があると感じているのなら、コンビニや飲食業を考えて見ましょう。冷静に自己分析をして、業種を選別することが重要です。

注意点としては、フランチャイズ側に支払うロイヤリティは事業者によって大きく違ってきます。売り上げの一部を払うケースもありますし、毎月決まった額を支払う契約内容もあります。ロイヤリティをはじめとする契約内容はしっかりと確認しましょう。

企業が代理店方式で営業を行なう最大のメリットは固定費の削減です。お店の運営にかかわる要員を直接雇用せずに済むため、人件費を大幅に抑制できます。