どっちが良い?トランクルームと貸し倉庫の違いとは


トランクルームは個人で使うときにおすすめ

自宅に持ち物が多く、保管できる場所がないときにはトランクルームが便利です。これは商品ではない物品を預けることができるサービスです。ビル内に多くの部屋が用意されていて、この部屋の中に持ち物を預けることができます。トランクルームサービスは倉庫業法により営業倉庫の登録を国土交通省に行っていますから、安心して利用できるサービスです。預けることができる荷物の種類は衣類やホビー用品などです。アウトドア用品や美術品、書籍とかなりの種類に対応します。あまり使わない荷物を保管するときに便利です。室内は温度と湿度が一定値に保たれています。これにより、荷物にカビが生える心配もなく劣化しません。ビル内にはスタッフが常駐して巡回も行っているのが特徴です。セキュリティもしっかりしているのが強みです。

貸し倉庫は大量の商品を預けるときに便利

貸し倉庫は倉庫業法に基づかないのが特徴です。そのため、不動産賃貸借契約を行い利用します。基本的に貸し倉庫は住居できる賃貸物件と同等のものと考えられていて、預けた商品に何かあったとしても業者は保管責任を負わないといったルールがあります。こちらは倉庫を利用するのでトランクルームよりも広いスペースを利用できるのがメリットです。例えば、小売業を行っている方は商品の保管をしたい時に便利でしょう。家具などの大型商品を一時的に保管するときにも便利です。屋内型と野外型が用意されていますが、野外型の貸し倉庫は比較的料金が安価に設定されています。逆に、空調などの設備がないのがネックです。屋内型は空調や気温などの調整を行う機器を導入しているため、デリケートな商品の保管に向いています。

3PLを利用することにより、企業は交通手段、保管場所、人材など物流に関する部門の管理から解放されることになります。