知らないと不安?社員研修で行われることを教えます!


新人の社員研修について紹介します!

これから会社に入る人、会社に入って間もない人は、今後新入社員向けの社員研修を受けることになるかもしれません。しかし、どのような研修が行われるか、今から不安と言う人もいるでしょう。そこで新人向けの社員研修で行われる内容について紹介します。

まず、社会人として求められる、主体性や協調性を発揮するための研修が行われることがあります。具体的には少人数でグループを組み、チーム対抗のゲームなどを行います。
チームの中で受け身にならずに主体性を発揮することの大切さを学びます。またチームメイトと協力してゲームをする中で、協調性の大切さを学びます。ゲームを終えた後で、振り返りを行い、そこから学べる教訓を抽出して行きます。

実践的トレーニングも社員研修で行われる

新人向けの社員研修では、仕事に役立つ実践的トレーニングも実施されることがあります。臨場感あふれる仕事シミュレーションを通じて、社会人としての基本行動の大切さを学んでいきます。
社会人として恥ずかしくない振る舞いができるよう、上司役を務める講師との真剣なやりとりを行います。2泊3日など、比較的長い期間をかけて、このような実践トレーニングが行われることもあります。
その結果、訪問や応対をどのようにすればいいか、電話対応はどのようにすればいいか、上司の留守中にどのような対応をすればいいかなどが理解でき実践できるようになります。
また計画を立てて仕事をする大切さや、具体的な方法も学べます。社会人としての振る舞いに自信がない人も、研修を通じて堂々と振る舞えるようになるでしょう。

新入社員研修に取り入れておきたいプログラムにロールプレイングがあります。ある程度、顧客への対応をシミュレーションし経験させる事で心理的な余裕が生まれ、不用意な失敗を防ぐことができます。