種類はたくさん?倉庫の詳細について学ぼう!


倉庫は物品を一時的に保管するための施設

倉庫はたくさんの物品を保管する建物というイメージがあります。多くの倉庫はイメージ通りの造りなので間違いではありませんが、倉庫は物品を保管する目的で使われる施設の総称です。その形状は多彩であり、中には野積み倉庫のように建物ではなく、簡単な囲いだけで物品を屋外に置く倉庫も存在します。法律上は八種類の倉庫があり、それぞれ定義や保管できる物品に違いがあります。また、住宅に付随している物置も倉庫の一種と言えますが、法律上は具体的な定義が存在しません。住宅に付随している設備の一部として扱われるのが普通です。業務用の倉庫は車両の出入りができるほどの大型の施設が一般的ですが、近年ではトランクルームのような小型の貸し倉庫も増えています。

倉庫の管理業務に関する注意点

倉庫内での業務は物品の出し入れや倉庫設備の管理が主です。中でも物品の出し入れはどの倉庫でも頻繁に行うので、安全管理には十分に注意する必要があります。大型の倉庫では内部で作業用の車両を運転することになりますが、倉庫の多くは日光による刺激を避けるために窓がありません。光の刺激が物品を劣化させることがあるので、室内照明も最低限に留まっているのが普通です。薄暗い中での作業が多くなるので事故に遭うリスクが大きくなります。死角も多いので慎重な作業が不可欠です。また、物品の出し入れに伴って室内の温度や湿度も大きく変化します。保管している物品によっては環境が変わると品質が損なわれることがあるので、室内の環境調整も重要な業務のひとつです。

物流業務の効率化で最も簡単かつ即実践可能なものは、入出庫の作業の時間帯を分ける事です。動線が1方向になることで、作業がスムーズになります。特に入庫と出庫のヤードが分かれていない倉庫で有効な方法です。